JA富山市の概況と事業内容


役員 / 店舗一覧 / 最近5年間の主要な経営指標 / 事業の内容 / リスク管理の体制 / 法令遵守の体制

5.リスク管理の体制

信用リスク、事務リスク、金利リスク、流動性リスクなど金融機関を取り巻く各種リスクが増大するなか、各種のリスク管理能力が以前にも増して要請されています。当組合では経営環境の変化に対応し、経営の健全性を確保するため、従来よりリスク管理の強化・充実を図ってまいりました。

【信用リスク管理】

信用リスクとは、企業や個人への貸出が回収不能、または利息取立て不能になるリスクのことです。当JAでは、貸出資産の健全性を維持するため厳格な審査体制をとっています。また、内部研修の実施や外部研修の受講や個信情報センターの活用など、貸出審査能力の向上を図っています。

【事務リスク管理】

事務リスクとは、事務上のミスや不正による損失を受けるリスクのことです。
当JAでは、監事監査機能の強化を図り、本所ならびに支所に対し定例監査を実施しているほか適正な事務処理の確保と事故防止に努めております。

【市場リスク管理】

資産(貸出、有価証券など)・負債(貯金など)双方の金利変動に伴う「金利リスク」、株式や債権などの価格の変動がもたらす「価格変動リスク」などの市場リスク、および流動性リスクなどに対応するため、当JAでは、経済、金利見通しなどに基づき役員会を毎月開催し、運用、調達の方針を策定しています。今後とも、より健全な資産・負債のバランス、収益体質の維持・管理体制の充実に努めています。

【システムリスク管理】

システムリスクとはコンピュータシステムのダウンまたは誤作動、システムの不備等に伴うリスク、さらにコンピュータが不正に使用されることによるリスクのことです。
当JAでは、セキュリティ管理体制、システム管理体制、データ管理体制、ネットワーク管理体制の充実に努めています。

 
富山市農業協同組合 〒939-8153 富山県富山市吉岡466番地1 TEL/076-429-7555 FAX/076-429-7588 info@ja-toyamashi.or.jp
Copyright (C) 2005 JA Toyama City. All Rights Reserved.